「商業的であることより、本質的であること」

Can Solivera(カン・ソリベラ)は、スペイン・カタルーニャ地方の1000年以上のオリーブ栽培の歴史をもつ農村に拠点を構え、最高品質のオリーブオイルを生み出すことに情熱的に取り組んでいます。

伝統的な職人気質を受け継ぎつつ、常に最高品質の製品を生み出すことにひたむきに取り組んでいます。

Organic

オーガニックでの栽培が難しいとされているオリーブですが、標高600m以上の高地での栽培により、オーガニックのオリーブオイルを可能にしました。この標高での栽培は、天候による不作リスクはありますが、害虫が発生しないため農薬を一切必要としません。これらのオリーブの樹のほとんどはとても古いものです。このような恩恵を受け、カン・ソリベラ社は毎年 EU認定のオーガニック認証のラベルを貼ることを保証されています。(日本での有機JAS認証も取得しています。)

Arbequina

収穫量が少なく高価なことで知られる「アルベキーナ種」は、ナッツ、アップル、バナナ、アーティチョークを感じさせるマイルドでフルーティーな風味とほのかに香るペッパーのような後味が特徴とされています。この土地はアルベキーナが発見された伝説の土地で、その名称も、Can Solivera近郊のアルベカ村がその由来となっています。他のオリーブ品種に比べて、1本の樹から収穫できる量が半分程度しかないこのオリーブを選択したことに、私たちの真摯な姿勢が表れています。

Single Estate

「カン・ソリベラ」のオリーブオイルは、オリーブの生産からオイルの抽出まで全ての工程が、ハンスとダイダ夫妻を初めとするファミリーによって行われています。完成したオリーブオイルは勿論、「シングル・エステート」(一つの畑から採取されたオリーブのみを使って作られたオイル)
イタリアに代表される大手のオリーブオイル生産企業は、世界中からオリーブを買い集めて大量のオイルを生産しますが、それらの対極にあるのが「カン・ソリベラ」のオリーブオイル製法であると言えます。

Quality Control

私たちは、毎年全てのオリーブオイルを、スペイン・カタルーニャ州農林水産省に公認された独立した食品検査機関によって、検査してもらっています。ひとつひとつのコンテナごとにオリーブオイルの純度、酸化度の指標酸性度、過酸化物価、MeqとK232とK270の値のパーセンテージとしての酸化度、そして味を検査しています。この検査機関の結果を基に、全てのコンテナのオリーブオイルを追跡管理し、エキストラ・バージン・オリーブオイルの品質を保証することが可能です。

Artisan

”商業的であるより、職人的であること”、”経済的であるより、本質的であること”にこだわりぬいています。「量」が欲しければ10月に収穫、「味」にこだわるなら1月まで収穫を待つといわれるように、熟成してないオリーブでは”一口で広がるフルーティーなオリーブオイル” は味わうことができません(日本では早摘みのオリーブがブランド化されていますが)。Can Soliveraでは、たとえ非効率、非経済的であろうとも、味と品質にこだわり、伝統的な手法を用い、最高のオリーブオイルを作り続けます。

世界一のレストランが唯一認めた

イギリスの”The Restaurant Magazine”誌掲載「世界のべストレストラン50」にて、2013年と2015年の2度世界1位の栄光に輝いた(『2014年と2016年は2位」)レストラン「カン・ロカ」が、カン・ソリベラのオリーブオイルを数年にわたり使い続けています。 欧州の多くの著名レストランが「カン・ソリベラ」を採用しているのも、全て実際にテイスティングされた結果です。また我々は、宣伝を目的としてレストランに無料でオリーブオイルを配ることは行っておりません。
El Celler de Can Roca

商品ラインナップ

100%アルベキーナ種のオリーブが持つ、オリジナルの香りとフレーバーを最大限に残しています。
アルベキーナ種は、7kgのオリーブの実から僅かに1リットルのみしかオイルの採取できない、とても希少で、世界最高水準のオリーブオイルとして名高い品種です。
苦味のない、ミディアムフルーティーな味わい。リンゴ、アーモンド、クルミ、トマト、アーティチョーク、バナナ、パインアップルのような上品な口当たり。口に入れた10秒後においしくピリッと後味を感じられます。

カタローニャで採取されるアルベキーナ種のオリーブと、シンカ川の谷に位置する近郊の街Aragónで採取されるブラック・エンペルトレ種が完璧なハーモニーでミックスされています。
ソリベラ社のみがご提供できるオリジナルブレンドです。
味:早期収穫されたアルベキーナの苦味がなくフルーティーな味わいかつエレガントな香りと、エンペルトレのアーモンドのような甘みを持ち、これらが液体バターのような濃厚なテクスチャーをもたらします。

19度以下に温度管理された遠心分離機により冷製抽出された一番絞りのアルベキーナに、南スペインの標高600m以上の畑で青刈りされたオヒブランカ種とピクード種を合わせて作られています。EUのオーガニック認証を受けた最もフルーティーなオリーブオイルのひとつです。
味:青刈りによる最もフルーティーなアルベキーナの味が楽しめます。アーモンドやリンゴのノートと口の中にわずかに心地よい苦味があります。アルベキーナの典型的な10秒後のぴりっとした後味も顕著に感じられます。

私たちは大胆にも言わせて頂きます。「このオリーブオイルのみが、EUのオーガニック認証を受け伝統的製法で作られた世界で唯一のアルベキーナ・オリーブオイルである」と。
このオリーブオイルを生産するために使用されている古い石臼は、今や、世界でも数台しか残っていません。
このオイルを口に入れた瞬間に甘みが広がりますが、それに加え、熱したアルベキーナの顕著なペッパリーナ後味が交わります。紀元前のオリーブオイルの本来の味におそらくもっとも近いオイルです。

紀元前3500年以上前から、オリーブオイルは常に最高の贈り物として愛され続けています。
健康とウェルネスをもたらすからです。オリーブオイルは料理に喜びを与えます。
オリーブオイルは、神秘と魔法に満ち溢れています。